ここから本文です

2009/10/23

<Korea Watch>韓国最長の海上橋・仁川大橋が開通

  • 韓国最長の海上橋・仁川大橋が開通①

    震度7の強震と秒速72㍍の強風にもびくともしない安全構造の仁川大橋

  • 韓国最長の海上橋・仁川大橋が開通②
  • 韓国最長の海上橋・仁川大橋が開通③

    李明博大統領ら政府要人と地域住民1000人が参加して行われた開通式(16日、永宗島方向料金所広場)

 韓国最長の海上橋梁、仁川(インチョン)大橋が4年4カ月間にわたる工期を経て開通した。韓国の表玄関、仁川国際空港(永宗島/ヨンジョンド)と、東北アジアの中心都市をめざす松島(ソンド)国際都市を結ぶ仁川大橋の総延長は21・38㌔(海上区間12・34㌔含む)で、世界で7番目の長さ。橋をケーブルで支える2本の主塔の高さは238・5㍍で、ソウル・汝矣島(ヨイド)の63ビル(249㍍)とほぼ同じ高さだ。大型船舶が安全に通れるようにするため、主塔間の距離は世界で5番目の800㍍となっている。震度7の地震と秒速72㍍の強風にも耐える安全構造にするため、最先端請工法が総動員された。交通・橋梁管理と通行料徴収システムもデジタル化されている。19日から往復6車線で一般車両の通行が始まり、通行料は乗用車の場合5500ウォンに設定された。

 民間投資事業として始まった仁川大橋は、英国系多国籍企業のエイメック(AMEC)と仁川広域市、投資家などが共同で設立した仁川大橋株式会社が施行した。工事を請け負ったのは、三星物産(建設部門)、大林産業、大宇建設、GS建設、韓進重工業、ハンファ建設、錦湖建設の7社。建設費は、民間資本1兆5914ウォンを含む総額2兆4234億ウォン。完成後30年間は、仁川大橋㈱が運営する。

 これまで仁川国際空港から松島国際都市に向かう場合の所要時間は1時間余りだったが、仁川大橋の開通で15分に短縮された。空港からソウル市内に向う場合、従来より40分ほど早く到着できる。今後、仁川~安養(アニャン)を結ぶ第2京仁高速道路と、仁川~始興(シフン)を結ぶ第3京仁高速道路(2010年完工予定)、西海岸高速道路が連結すると、首都圏の交通と物流環境は画期的に改善する。

 仁川発展研究院は、仁川大橋建設により仁川経済自由区域で発生する経済効果は440兆ウォンで、484万人の雇用が創出されると予測している。このほか、潜在的な経済効果にも期待がかかる。先月、松島国際都市で開かれたアジア太平洋都市首脳会議(APCS)に参加した各国・地域の指導者達は、海を横切る橋の雄大さと、技術力に賛辞を惜しまなかったといわれる。2014年には仁川でアジア競技大会が開かれる予定となっており、多くの外国人が仁川大橋を利用することになる。

 仁川市は、仁川大橋を2014年まで米国のサンフランシスコ金門橋や、オーストラリアのシドニーハーバーブリッジに匹敵する一大観光名所に育てる方針だ。

 海上区間に夜間照明を設置し、仁川近海の夜景を光で演出する案も検討されている。月尾島(ウォルミド)や沿岸埠頭、南港埠頭、兒岩島(アアムド)海上公園、清凉山(チョンニャンサン)など5カ所に仁川大橋の夜景を鑑賞できる展望台を設けるほか、仁川大橋の永宗島進入区域周辺に文化・レジャー施設を造成する計画だ。

 世界で最高権威を誇る米国の建設週刊誌 「エンジニアリング・ニューズ・レコード(ENR)」は昨年1月、仁川大橋(株)の金壽弘(キム・スホン)代表理事を「25人のニュースメーカー」の1人に選んだ。アラブ首長国連邦(UAE)や、バングラデシュ、インドなどに土木(橋梁)技術を輸出してきた韓国にとって仁川大橋の建設事業は、土木技術力の高さが世界に認められたことになる。

 仁川大橋は、2本の主塔から斜めに垂らしたケーブルで橋脚を支える形態の「斜張橋」と呼ばれる。斜張橋は、水の流れが速く、水深が深い所に造られる。主塔間の距離が長いほど技術力が高いと評価される。仁川大橋の場合、主塔間の距離が800㍍で、橋梁の高さが最高74㍍。10万㌧級の大型船舶も通過できる。

 建設過程では多くの先端工法が導入され、斜張橋として7年以上の工期を要した西海大橋よりも、はるかに短い52カ月で完工した。設計と施行を同時進行する「ファスト・トラック」方式と、陸上の製作工場で床板を造り、海上に架設する特殊工法で工期を短縮した。

 主塔を支える鋼管杭は水深20㍍、地下50㍍に打ち込まれており、秒速72㍍の暴風と震度7の強震、2万9000㌧の荷重に100年間耐えられる強固な構造になっている。

 橋脚設置には、大林産業の「ジオチューブ工法」が国内で初めて採用された。潮の干満差が最大9㍍の仁川近海で、直径3~5㍍、高さ1・8㍍のジオチューブに砂と水を満たし、6~9㍍の高さで覆土した後、その上に橋脚を建てた。工事に使用したジオチューブは3万㍍に達した。

 斜張橋と高架橋、接続橋(アプローチ橋)を建設する過程では、重さ1400㌧、長さ3~50㍍の床板1311枚が使われた。橋梁上部の荷重を支えるケーブルの長さは最大416㍍。208本のケーブルで2053㌧の重量を支えている。

 4年4カ月の工事期間中に動員された工員数は145万人2583人。使われた鉄筋の総量は13万5000㌧、投入装備1408台、斜張橋ケーブル1万1964・7㌔㍍など、韓国の橋梁工事史上における最高・最多記録を塗り替えた。


バックナンバー

<Korea Watch>