ここから本文です

2020/10/30

<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第80回                                                              国士舘大学経営学部客員教授 石田 賢 氏

◆半導体の超格差戦略に未来を託すサムスン電子◆

 ソウル中央地検が李在鎔・サムスン電子副会長を非拘束(在宅)起訴したことから、司法リスクの長期化が見込まれ、大規模投資や大型M&Aなどへのトップの意思決定に打撃を与えるものとみられる。前回指摘したように、大型M&Aは約4年間停滞していることから、サムスン電子の活路は、半導体の超格差戦略に委ねられている。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>