ここから本文です

2021/04/23

<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第86回                                                              国士舘大学経営学部客員教授 石田 賢 氏

  • 揺らぐサムスン共和国 第86回                                                              国士舘大学経営学部客員教授 石田 賢 氏
  • 揺らぐサムスン共和国 第86回                                                              国士舘大学経営学部客員教授 石田 賢 氏

◆主要事業に陰りを見せるサムスン電子◆

サムスン電子の事業構造を過去そして未来も決定づけてきたのが、大規模投資と大型M&Aである。これらを起爆剤として、外部から優秀な人材と技術を融合しながら、積極的な経営を展開してきた。それらを可能としてきたのが、豊富な資金である。

最近の大規模投資を確認すると、2018年8月に未来成長産業4分野に180兆㌆規模の投資をすると表明したのに続き、19年4月にはシステム半導体の「ビジョン2030」で133兆㌆、同10月にはQD(量子ドット)ディスプレーに13兆1000億㌆などが挙げられる。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>