ここから本文です

2021/09/10

<Korea Watch>コロナリスクが景気回復の足かせに

◆現代経済研が報告書、7~9月期の経済動向と景気判断を分析◆

 現代経済研究院は報告書「最近の経済動向と景気判断(2021年7~9月期)」を発表し、10~12月期、景気の流れは、微弱ながら回復基調が続くだろうと見通した一方、内需回復を阻害するリスク要因が現実のものとなった場合、予想外に大きな落ち込み局面が展開される可能性も排除できないと指摘した。

 リスク要因としてコロナ第4波と消費者心理の悪化を挙げた。新型コロナウイルスの防疫状況が急速に改善しない場合、国内市場の好循環構造が機能しないなど、履歴効果(ヒステリシス=経済の状態が変化して元の状態に戻った時必ずしもすべてが元どおりにはならないこと)による内需低迷の長期化を懸念した。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>