ここから本文です

2022/04/01

<Korea Watch>ウクライナ危機など対外リスク急増

◆現代経済研が報告書、「グローバル景気動向と示唆点」発表◆

 現代経済研究院は報告書「最近のグローバル景気動向と示唆点」を発表し、グローバル経済を脅かすリスク要因を挙げた。ロシアのウクライナ侵攻が長期化の様相を呈する中、グローバル経済を脅かすリスクが複数存在し、適切な対応が必要だと指摘した。

 世界経済はウィズコロナ政策の拡大などにより回復傾向を持続していると判断されるが、ロシアのウクライナ侵攻による世界景気の悪化の懸念は高まっている。

 米国経済は新型コロナによる影響が限定的にとどまり成長を続けているが、ロシアのウクライナ侵攻、原材料急騰によるインフレなどにより今後の経済における不確実性が増大している。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>