ここから本文です

2020/02/21

<トピックス>切手に見るソウルと韓国 第109回 半地下の住宅                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

  • 切手に見るソウルと韓国 第109回 半地下の住宅                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

    ないとう・ようすけ 1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。日本文芸家協会会員、フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を研究

  • 切手に見るソウルと韓国 第109回 半地下の住宅                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

         人口住宅総調査の宣伝切手(95年)

 昨年、第72回カンヌ国際映画祭では韓国映画初となるパルム・ドールを受賞した『パラサイト 半地下の家族』が、2月9日に発表された第92回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を受賞した。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<トピックス>