ここから本文です

2014/06/27

<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第5回                                                                  日韓産業技術協力財団 石田 賢 氏

  • 揺らぐサムスン共和国 第5回①
  • 揺らぐサムスン共和国 第5回②

◆泥沼化する特許紛争、クロスライセンスで対抗◆

 アップルとサムスンの特許訴訟は、アップルが米国カリフォルニア州でサムスンを提訴した2011年4月に始まった。アップルは1次訴訟で1台当り特許料を7㌦14㌣で要求した。

14年2月、1次特許訴訟ではサムスン電子に対して9億2900万㌦の賠償額という陪審員評決が下された。サムスン電子はアップルに完敗した。

 両社は米国以外でも日本、イタリア、オランダ、英国、フランス、オーストラリアなどで訴訟合戦を繰り広げてきた。日本では14年3月の特許訴訟1審で、アップルのアイフォーン4S、アイフォーン4、アイパッド2がサムスンのデータ送信技術を侵害しなかった、とアップル側に軍配を上げた。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>