ここから本文です

2020/10/23

<Korea Watch>非対面経済好調も雇用の二極化懸念

◆現代経済研究院が報告書「2021年の国内経済問題」を発表◆

 現代経済研究院は報告書「2021年の国内経済問題」を発表した。報告書は来年も国内経済が新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受けると予想した。今後の新型コロナ再拡散の可能性と不確実性が高い状況では、政府や企業、民間などすべてが経済の活力向上のために努力しなければならないと注文した。また、雇用と消費のダブル二極化の懸念、非対面需要関連の輸出好調持続などを予測した。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>