ここから本文です

2021/04/02

<Korea Watch>経済・経営コラム 第79回 日韓ドラマ・映画にみる敗北の原理②                                                       西安交通大学管理大学院 林 廣茂 客員教授

◆技術先行でも成功するには競争戦略の準備必要◆

 「善」が「悪」に勝つ。その勧善懲悪の図式はよしとしよう。しかし悪を退治した後には権力の空白が生じる。空白をおくことなく素早く権力基盤を固める準備をしたうえでクーデターを実行するのがその成功のための鉄則だろう。権力を手中に握る実力、つまり、信頼できる側近で周囲を固める求心力と実行部隊の司令官を味方に引き入れる統率力を持った準備が不可欠だ。

 そして権力を掌握するには自分が新たな悪になる覚悟がいる。時の権力者を倒した翌朝目覚めたら平安の世が実現していたなんてことはあるはずがない。悪がやがて善を呼び込む。悪と善は表裏一体である。やがて長期的には善が社会進化の推進力になる。かつて発展途上だった多くの国の経綸の歴史がそのことを証明している。


つづきは本紙へ


バックナンバー

<Korea Watch>