ここから本文です

2018/11/09

<トピックス>文大統領施政演説、「包容国家」のビジョン提示

  • 文大統領施政演説、「包容国家」のビジョン提示

    施政演説の文大統領

 文在寅大統領は、国会で来年度予算案に関する施政方針演説を行い、「共に豊かに暮らす包容国家」のビジョンを提示した。このため、「財政の積極的な役割強化」と「福祉を通した所得不平等の緩和」を力説し、国政の中心を不平等是正に置くと宣言した。

 施政演説で「包容」という単語は18回も使われた。文大統領は「社会的セーフティーネットと福祉のもとで、国民が安心でき、公正な機会と正義が保障される国にならなければならない」とし、「包容国家は、われわれが進むべき道だ」と強調した。この包容国家は所得主導成長、革新成長、公正経済の3大戦略に社会保障の強化を加えたものと解釈される。

 文大統領は「公正な機会と正義の結果が保障される国にならなければならない。包容的社会、包容的成長、包容的繁栄、包容的民主主義に至るまで『排除しない包容』が韓国社会の価値と哲学になる時、われわれは共に豊かに生きられるようになる」と強調した。

 包容国家は、


つづきは本紙へ


バックナンバー

<トピックス>