ここから本文です

2020/10/30

<トピックス>切手に見るソウルと韓国 第117回 朝鮮戦争70周年                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

  • 切手に見るソウルと韓国 第117回 朝鮮戦争70周年                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

    ないとう・ようすけ 1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。日本文芸家協会会員、フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を研究

  • 切手に見るソウルと韓国 第116回 韓国とフィリピン                                                 郵便学者 内藤 陽介 氏

    1951年、韓国は国連軍参加各国に感謝して“国連軍感謝シリーズ”の切手を発行した

 少し前の話だが、10月7日、米ビルボードチャートで韓国人アーティストとして初の1位を獲得したグループ「BTS(防弾少年団)」に対して、米民間非営利団体(NPO)のコリア・ソサエティが、米韓関係の発展に寄与したとしてBTSにヴァン・フリート賞を授与。

その際、メンバーのRMが「朝鮮戦争70周年に受賞したことに特別な意味を感じる。米韓両国が共に経験した苦難の歴史、多くの男女の犠牲を永遠に記憶しなければならない」と発言したのに対して、中国が「米韓両国の犠牲だけを記念して、中国人の犠牲を無視するとはどういうつもりか」とクレームをつけ、BTS側が謝罪に追い込まれた。


つづきは本紙へ